GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの連携方法【アクセス解析の基本】 


「Googleアナリティクスの基本の使い方はわかってきたけどもっと活用できるようになりたい…」「Googleアナリティクスと連携させると便利なシステムを知りたい」という方はいませんか?そんな方のために、今回はGoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの連携方法についてそのメリットも含め解説していきます。 

 

Google Search Consoleとは

google-search-console  

Google Search Consoleとは、Googleが無料提供する、高機能なサイト解析ツールのことで、以前はWebマスターツールとも呼ばれていました。Google Search Consoleでは、 

・Googleからのサイトの問題などに関するメッセージ確認 

・外部リンクの詳細確認 

・Googleが認識しているサイトコンテンツ内のキーワードを確認  

などをすることができます。 

 

GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleを連携することのメリット  

Google Search Consoleを連携することで、Googleアナリティクスでより多くのデータを得ることができるようになります。例えば、集客レポートのなかの項目のうち、search consoleの項目が使えるようになります。その結果、訪問者がどのようなキーワードでサイトに流入したのか、あるいは自身のサイトが検索結果に表示された回数、検索結果に表示され、クリックされた数を知ることもでき、とても便利です。  

 

GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleの連携方法  

さあ、いよいよ連携方法の説明に入っていきます。 

まずは、Googleアナリティクスにログインし、レポートタブから集客を選択します。その中のSearch consoleという項目にある「検索クエリ」をクリックします。その結果表示される、「Search Consoleのデータ共有を設定」という項目をクリックしてください。 

表示された画面を下にスクロールしていき、「Search Consoleを調整」というボタンをクリックします。

search-console%e3%82%92%e8%aa%bf%e6%95%b4

 

編集のボタンを押しましょう。

search-console-%e7%b7%a8%e9%9b%86

 

編集項目のうち、「ウェブプロパティ」という欄にアナリティクスに登録したサイトが表示されているか確認し、「リンクされているサイト」の項目にSearch Console画面で連動するドメインにチェックを入れます。ここまでしたら、「保存」を押しましょう。 

search-console-%e9%81%b8%e6%8a%9e

 

※この時「関連付けの追加 新しい関連付けを保存しようとしています。このウェブ プロパティに対する既存の Search Console の関連付けは削除されます。」というメッセージが表示される時があります。初めてこの設定を行っているかにかかわらず、このメッセージが表示されたら「OK」を押しましょう。 

%e6%b3%a8%e6%84%8f

Search Consoleの設定に戻り、「完了」を押します。%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%80%80%e5%ae%8c%e4%ba%86

 

最後にプロパティ設定の「保存」ボタンを押すと、設定完了です。お疲れ様でした!

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%91%e3%83%86%e3%82%a3%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%80%80%e4%bf%9d%e5%ad%98

 

いかがでしたか?Google Search Consoleとの連携はSEO対策的にも重要です。ぜひ参考にしてみてください! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − thirteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)